中学受験の科目・算数編

算数は、中学受験の科目で1題当たりの配点が高く、得手不得手がはっきり表れてしまいます。中学受験での得点源とする生徒がいる一方で、全く点数に結び付かないという生徒もいます。算数ができるかどうかで、合否が決まってしまってもおかしくないくらいです。

まず、誤解を解くために、算数は暗記科目でないことを述べておきます 。公式を覚えていれば、問題が解けると思っている生徒がいますが、全くの勘違いです。

図形の面積を求めるという問題で、見たことのない形が出題されることがあります。偶々知っている形であれば苦労しないでしょうが、知らなければお手上げ状態となる可能性があります。

公式を覚えて、後は問題を沢山こなして経験値を増やす勉強では、中学受験の算数は対応不可です。解答に至った過程を明確にして、論理的に導き出す訓練をしていくのが問題の正しい解き方です。

解答する力をひらめきと表現する人がいますが、それも勘違いです。ひらめきは根拠のない、いわゆる思い付きであり、不要なものです。きちんと、答えに結び付く根拠を見つけ出し、つじつまが合う解答の仕方を学んでいきましょう。

しかし、その材料として、使われる公式の知識は覚えておくのを怠ってもいけません。